今の住宅ローンに満足してますか?

 

住宅ローンを組んでいる方、ご自分が組まれている契約の中身をご存知ですか?
最初に組んだ時に月々の返済額を、あまり負担にならないようにちゃんと考えてローンを組んでいる方が殆どなので、ローンの借り換えなんて余り考えないかも知れませんね。
でも、ちょっと見直すだけで返済総額や期間が大幅に圧縮出来るかも知れませんよ!
借り換えてメリットがあるのはどんな住宅ローンでしょうか?
やはり金利ですね。
金利が1%上がると、返済総額が1.3~1.5倍になると言われていますので、出来るだけ金利が低いローンへ借り換えたいものです。
次に繰り上げ返済のしやすさです。
お金に余裕がある時にちょっとずつでも繰り上げ返済をすると、複利効果で返済期間がぐっと短縮できます。
あとは保証料や手数料の高低です。
返済総額にかかってきますから、率が低くてもかなりの金額になります。
ここで、住宅ローンの借り換えが出来るプランをランキング形式でまとめてみました。
1位 住信SBIネット銀行住宅ローン
変動金利ですが金利が業界一安いです。
さらに団体信用保険料・融資時の保証料(手数料はかかります)・繰り上げ返済手数料が無料です。
珍しいサービスとして、8大疾病に罹って仕事ができなくなった時に保証してくれる点も注目です。
契約は全てネットで完了できます。
2位 新生銀行パワースマート住宅ローン
こちらも保証料・団体信用保険料・繰り上げ返済手数料が無料です。
自動繰り上げ返済機能など、積極的に繰上げ返済したい方におすすめです。
さらに、キャンペーンとして、新生ゴールドカードに加入すれた方は、金利がずっと0.1%優遇されるサービスもあります。
3位 楽天銀行住宅ローン フラット35S
フラット35は最長35年間固定金利で借りられるサービスですが、金利は銀行によってバラバラ。
楽天銀行住宅ローンは業界最低水準でこのサービスを利用できます。
融資事務手数料も業界最低水準です。
スマイルプログラム楽天銀行コースで返済口座を楽天銀行に指定するだけで、融資時事務手数料が0.3%以上も割引に。
こちらも契約はネットだけで完了できます。
4位 ソニー銀行住宅ローン
変動金利・固定金利ともにかなり低めに設定されています。
団体信用保険や8大疾病保険サービスが付いています。
担当のローンアドバイザーが付いて様々な相談を受けられます。
そして、借入期間中、固定金利と変動金利の切り替えが簡単に行えます。
こちらも契約はネット上で全て完了です。
繰り上げ返済や金利タイプ変更を上手く組み合わせる事で、返済額を上手に減らして月々の負担を楽にしたいですね。

住宅ローン借り換えのまとめサイト

 

住宅ローンのまとめ!【金利や審査・借り換えでおすすめの銀行は?】
住宅ローンを借りる銀行選びで大事な金利比較や審査の悩みを解決する住宅ローンまとめです!借り換えや住宅ローン減税、すまい給付金などについてもしっかりとわかりやすく解説していきます。銀行選びで迷ったらまずはチェックしてください!
www.jutakuloan-matome.com/